MENU

秋の京都

秋の京都は観光客が一番多く訪れる時期です。秋は紅葉の季節であり自然を堪能することができ、京都が最も美しく見られる季節です。修学旅行や社員旅行の多くも秋の季節が選ばれるのはそのためではないでしょうか。

紅葉の季節になっても残暑が厳しくもありますが、これらの景色を見るために訪れる人々が多いのは言うまでもありません。木で作られた昔ならではのお寺や建築物が、紅葉の色鮮やかな風景と融合している様はまさに「和」の風景です。

紅葉の名所

観光客が最も多い紅葉シーズンですが、やはり人気スポットがあります。いくつかご紹介したいと思います。まず、個人的な意見になりますが、桜の季節もそうですが紅葉が最も似合うお寺は「清水寺」ではないでしょうか。清水の舞台である本堂はもちろん有名ですが、三重塔の紅葉も非常に美しい光景です。紅葉と建築物が織り成す風景はまさに和を表すもので、現在では本堂以上に紅葉スポットとして注目されつつあるようです。清水寺に行かれる際には三重塔にも目を向けてみてください。また、鹿苑寺(金閣寺)も秋になると周りの木々が紅葉に染まることから、非常に色鮮やかな風景が展開されます。金色と紅葉どちらの色も強調されていますが、それでもなお、お互いを引き立てあう色彩を見事に表現した自然の素晴らしさを感じるには十分な名所です。鏡湖池に写る「逆さ金閣」をさらに引き立たせる。そんな力も回りの紅葉は持っています。近年では外国からの観光客が多いことで有名な鹿苑寺ですが、私たち日本人も和の心を再認識できる場所ですので一度は見に行ってみてはいかがでしょうか。そして最後は、京都御所をご紹介しておきます。京都との観光名所のほとんどはお寺になるのでしょうが京都御所でも素晴らしい紅葉を見ることができます。かつて明治天皇が住んでいた昔の皇居にあたる場所であるため、通常に公開はされていませんが桜と紅葉シーズン限定で一般公開されています。もちろん普段は入る事が出来ないためこのシーズンには混雑しています。普段お目にかかることのできない場所で素晴らしい紅葉を見るのも一つの楽しみになります。

通販生活:カタログハウス
確かな買い物で確かな暮らしを

もちろん上記に挙げた以外にも観光名所は多く存在し、京都の秋はどこに行っても満喫できるものだと思います。京都が最も美しい季節に足を運んでみてはいかがでしょうか。