MENU

鹿苑寺

鹿苑寺(ろくおんじ)と言われて皆様はまず何を思い浮かべるでしょうか?鹿苑寺という言葉はなかなか聞き慣れないかもしれませんが「金閣寺」と言われればピンとくる方が多いのではないでしょうか?鹿苑寺は、室町時代前期の北山文化を象徴する歴史的建築物で中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と一般的に呼んでいるお寺です。「鹿苑寺」というお寺の名前の由来は「足利義満」の法名に因むものです。また、「鹿苑寺」は平成6年に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。ここでは鹿苑寺について簡単にご紹介させていただきます。

まず、鹿苑寺の歴史はもともと鎌倉時代に藤原公経がこの地に西園寺を建立したことにはじまります。その後、鎌倉幕府の滅亡とともに修繕作業などが及ばず荒れ果てた西園寺を足利義満が譲り受け、当時は「北山殿」と呼ばれる大規模な邸宅を造営したのが鹿苑寺のはじまりです。北山殿は御所にも匹敵する建築物で義満はここに政治の中枢を集約し実権を握っていました。足利義満の死後、遺言により舎利殿(金閣)を残して解体され禅寺となり、「鹿苑寺」として現在に至っています。ちなみに「鹿苑寺」は「慈照寺」、「西本願寺」とともに「京の三閣」とも言われています

また、近年では日本人観光客より海外からの観光客が多いことでも知られています。特に、京都に人が最も多く集まる秋の紅葉シーズンは日本人より外国人を多く見る気がします。金閣寺の金と紅葉の色が織り成す幻影風景を見ることで私たち日本人以上に昔の日本を感じる外国の方が多いということでしょうか。まさに金閣寺も世界に日本の存在をアピールする歴史的建造物の一つではないでしょうか。

簡単ではありますが、鹿苑寺について簡単にご紹介しました。旅の参考にしていただければと思います。