MENU

時代祭りの見どころ、文化と歴史

京都三大祭りの最後にご紹介するのは「時代祭」とお祭りです。時代祭りは、葵祭、祇園祭に比べると歴史は浅いお祭りですが京都を代表するお祭りとして京都三大祭りの一つに数えられています。「時代祭」は明治28年に平安遷都1100年を記念して「平安神宮」が建立されたことがきっかけです。その際に平安神宮の大祭、建造物、神苑の保存のため、市民により平安講社なるものが組織され、記念事業として「時代祭」が始まりました。また、祭りを盛大にするため、東京遷都以前の京都の風俗を遡る時代行列が提案された事が、「時代祭」と呼ばれるようになった由縁です。ちなみに、お祭りが行われる10月22日は桓武天皇が長岡京から平安京に都を移した日をされています。

時代祭り最大の見どころは何と言っても一大時代絵巻を展開する「時代風俗行列」にあります。行列の最初は明治維新、ついで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と時代を遡って続く大行列は長さ2キロにも及び参加人数は2,000人近くにのぼります。正午に京都御所建礼門前を出発し、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで約4.5キロに渡る道のりを大行列が通り過ぎる姿は圧巻です。行列の先頭には名誉奉行(京都府知事や市長)、時代行列の後ろには本来の主役である神幸列などが続く形で行列はできています。

また、余談ですが幕末の動乱から京都を守るために結成されたとされる新撰組は入っていません。その理由には諸説ありますが、好き勝手していた新撰組を京都の人は慕っていなかったのが原因ではないかと言われています。そして意外なことに室町時代の参列も最近加わったのです。その理由は京都朝廷時代をないがしろにした室町初代将軍の足利尊氏は、明治の人たちから反逆者扱いされていたためでした。近年、時の移り変わりから祭りの見直しもなされ、2007年から晴れて室町時代も時代祭りの仲間入りを果たしました。

簡単ではありますがここまで時代祭りについてご紹介しました。時代祭りは他の2つのお祭りに比べると歴史は浅いのは事実ですが、その行列やお祭りは日本の歴史を振り返ることのできるお祭りです。機会があれば、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

リンク

『安来 ホテル』についてのオススメ情報一覧をご紹介

http://www.bretagneprovence.com/hotel/shimane/yasugi/